忍者ブログ
気が向いたら更新する程度の能力 東方好きのオタクですお 陰陽鉄やらなんやら某動画サイトの影響で人気になりすぎた感が・・・ ヶ原さんまじかわいいです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ほんと、すっかり冷えてきましたね。
冷えてくると、テンションも比較的落ち着いてきますね。元々上がるほどテンションに変化もないですが

さて、タイトル通りFF関係ないです、ここからただの独り言ですのでブラウザの戻るボタンをどうぞ




寒くなってくると自分は深夜に散歩することが増えてきます
他人からすれば普通に不審者ですが、否定することが出来ません、すいません。
普通に何回かパトカーに止められた事もありますからね
警官からしても「こいつきめぇ・・・^^:」とか思われてそうですね

さて、なんで急にFFと関係ない話題を記事にしたのかと言うと
『若いうちに働いて、年を取った後のんびり余生を過ごす事と、若いうちに趣味に没頭して短い人生を送る』
のどちらの方が楽しい生き方なのかなーって思っただけなんですよね。

ここで言う若いうちに~というのは、決して自分みたいに自堕落に生きてるわけじゃなく、将来の事を考えたわけでもなく、趣味に没頭した場合の事ですね。
例えると、アニメ好きなオタクだと異性と交流を深めるわけでもなく、アニメにひたすら没頭する感じで
まぁ、人によっては、自分の考えに当てはまらない行動する人をすべて批判する人もいますが。

まぁ、普通に考えると前者の若いうちに働いて、余生をのんびり過ごす方が第三者からしても幸せに見える気がします、結婚していれば尚よし、といったところでしょうか。
若いうちに働いたりして苦労した分、老後がまったり、のんびり出来るんですからね。
そういった人生もよさそうではありますね。

ちなみに自分は後者の若いうちに~の方ですね、趣味に没頭した結果が短い人生、なら本望ですしね。
例え、30や40代で没しても別に自分はいいのでは?と考えてますね。世の中因果応報、楽した分何かしらのデメリットが生じるものです、そういった意味では若いうちに苦労した人は長生きして当然ですね。

ちなみに趣味といっても色々あるだろうが、とか、その趣味を活かした職業に就けば趣味と人生両立出来るだろ・・・、とか思う方がいると思いますが、自分は趣味を仕事にできる人は元々そういう才能があるもんだと思っております。

ぶっちゃけ、書き始めたのはいいけど若干めんどくさくなってきてたりします。しかも眠くなってきて自分でも何を言ってるのかよくわからなくなってるのはご愛敬
まぁ、自分の行きついた結論を言いますと、前者、後者どちらも楽しければいいじゃん?的な、なんか適当な結論に行き着きました。
適当に見えますけど、出せる答えってこれくらいしか無いですよね、少なくとも自分の弱い頭じゃ一番最適な言葉はこれだと思います。
人生楽しんだもん勝ち、ってやつですね。
人生の長さに差はあっても、積み重ねが同じなら二つに差はほとんど無いと思いますね。

最後に一つ付け加えると、趣味に走ったりして楽しむのはいいけど他人に迷惑をかけるのはいただけないと思います。
あくまで、他人に迷惑をかけないようにするべきですね、死ぬときも独りでひっそりと、が後者の人が守るべき事なのでは、と考えます。

この議題、色々発展させたりも出来そうですがめんどくさいのでこれで終わりにします。めんどくさいですし、自分から勝手に書いておいてあれなんですが、説明とか自分の考えを述べるのは超苦手ですしね。


終わり

PR
Comment
Name
Title
Mail(非公開)
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧
Trackback
トラックバックURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[05/16 backlink service]
[09/14 神/鬼 人♀]
[06/04 D猫]
[06/01 Uebee]
[03/19 coke]
最新記事
最新トラックバック
(10/02)
プロフィール
HN:
coke
性別:
非公開
趣味:
深夜徘徊
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
Copyright ©  -- Dの付く野良猫 --  All Rights Reserved
Designed by CriCri Material by 妙の宴
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]